活動報告

夏の日は 水かけが仕事

干ばつが続いている。

記録的な干ばつといえるだろうが 何時降ってくれるだろう。

雨が欲しい。

 

植えた木を枯らすのは

恥だ。

 

 

 

 

 

枯らすぐらいなら植えないほうが 手間暇が勿体ない。

苗から育てて一年

手塩にかけた苗木を一人前に育てなければ

植木屋としての顔がたたない

 

 

 

ここが踏ん張りどころだと続けている

 

そして

この大干ばつの時に

水をかけながら植えている。

 

 

 

雨を待ちながら・・・。

 

これが私の手法です。

 

 


コメントをどうぞ

※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA